新着情報詳細

国際会議の誘致に成功しました!

2019年09月26日

主催者と連携し共に誘致活動を進めてまいりました2件の国際会議について、仙台開催が決まりましたのでお知らせ致します。2年後の開催に向けて、引き続き支援を行ってまいります。

 Ⅰ.30th International Tsunami Symposium

  • 会期:2021年7月27日~29日
  • 代表:東北大災害科学国際研究所 所長 今村文彦教授
  • 規模:約200名(うち海外から100名)
  • 場所:仙台国際センター

今村文彦教授は、「震災から10年の節目の時期、国際会議で、防災の都市『Sendai』を改めて発信する意義は大きい。一般公開のプログラムや高校生が発表する機会を設け、地元との交流を重視した内容にしたい。」と開催に向けた意気込みを話されました。

Ⅱ.第17回岩石-水相互作用に関する国際会議/第14回応用同位体地球化学に関する国際会議

  • 会期:202182日~8
  • 代表:東北大学大学院環境科学研究科 研究科長 土屋範芳教授
  • 規模:約600名(うち海外から500名)
  • 会場:仙台国際センター

土屋範芳教授は長年誘致に取り組んで来られました。2019年ロシア大会において、研究室所属のロシア人留学生が着物姿でプレゼンテーションを実施し、晴れて1983年依頼28年ぶりとなる日本開催を決めることができました。

waterrock