誘致・立候補段階の支援メニュー

資金に関する支援

コンベンション開催助成制度

コンベンション誘致の強化と支援充実のため仙台で開催される国際・国内会議、大会を対象に
開催経費の一部を助成しております。
「コンベンション」と「国際学術会議」の2種類があります。

コンベンション

上限額 参加者総数
100万円 500人~999人
150万円 1,000人~1,499人
200万円 1,500人~1,999人
250万円 2,000人~2,499人
300万円 2,500人以上

※会議開催経費のうち助成対象経費の10%以内とし、会議参加者数により上限額があります。

国際学術会議助成

参加者100人以上の国際学術会議で、上限額は80万円

※参加者総数に占める外国人参加者の割合が10%以上の国際会議で、学術的なテーマに基づいて主に研究者等が参加する会議。

※対象の外国人は仙台市外に居住する外国籍の方。

※注意事項:上記金額は限度額です。助成金額は審査会で決定します。また、交付は会議終了後になります。

審査ポイント

助成金額は、開催規模と評価項目を審査会で審査し、予算の範囲内で助成額を決定します。
◎審査項目
(1) 経済効果
(2) シティセールス効果
(3) 学術・文化への貢献度
(4) 誘致・支援関連
※誘致・支援関連のポイント基準が高くなっております。コンベンション誘致の際にはお早めに当協会にご相談下さい。

助成対象

助成の対象とするコンベンションは、次に掲げる各号すべての条件を満たすものとします。

(1) 主たる会場が仙台市内であること。
(2) 参加者総数が500人以上であること。(ただし、国際学術会議にあっては100人以上であること)
(3) 国際又は全国規模であり、かつ、参加者総数に占める県外参加者の割合が6割以上であること。
(4) 会期が2日以上であり、宿泊を伴うものであること。
(5) 資金計画、主催団体の組織が明確であり、適切に運用されていること。
(6) 営利を目的としないものであること。
(7) 主催団体が国又は地方公共団体以外の、公益目的に資する団体であること。
(8) 特定の企業、政治団体若しくは宗教団体等の宣伝目的、又はこれらの団体に対する特定の便宜供与の恐れが生じないものであること。
(9) 産業、経済の振興又は学術、芸術、文化の振興に寄与するものであること。
(10) 参加費、入場料、協賛金、その他見込まれる収入でのコンベンション開催が困難なものであること。
(11) 仙台市又はその関係諸団体からの助成を受けていないもの、また受ける見込みのないものであること。
(12) 主催者が同一年度内で既に仙台市又はその関係諸団体からの助成を受けていないものであること。

申請受付と交付方法

対象となるコンベンション4月1日~3月31日開催
申請の締切開催前年度の1月末日
審査会の開催3月上旬
交 付開催終了後の実績報告書等の適合を確認後、助成額を確定し、交付します。

大規模国際コンベンション開催助成金制度 仙台市実施

コンベンション誘致をさらに強力に推進するため、世界レベルの国際会議などの誘致に向けた助成制度が創設されました。
詳しくは、以下より仙台市のウェブサイトをご覧ください。

コンベンション誘致/仙台市ウェブサイト

小規模国際学術会議助成制度

仙台市内で開催される50人以上100人未満の国際学術会議に対して、20万円を上限として助成します。
※100人以上の会議についても会期が1日間のみの場合は助成対象。
詳しくは仙台観光国際協会までお問い合わせください。

コンベンションシャトルバス補助金制度

一般参加者総数が1,000人以上の会議で会場が2ケ所以上に分散する場合、会議会場間のシャトルバス運行の経費を最大50万円まで補助します。
※当制度の申請受付方法及び交付方法は、関係助成制度に準じます。

貸付金制度

コンベンション開催準備のために無利息での貸付制度です。
●貸付限度額 200万円
※市内開催かつ東北規模以上の非営利の国内外の会議で総予算額の20%以内
※貸付期間:会議開催2年前から終了後、2ヶ月以内で、かつ、2年以内の期間

お問い合わせ先

公益財団法人 仙台観光国際協会 コンベンション事業部
〒980-0804 宮城県仙台市青葉区大町2-2-10 仙台青葉ウィングビルA棟11階
TEL/ 022-268-9603(ダイヤルイン)  FAX/ 022-268-6252

お問い合わせフォームへ