仙台開催の魅力

充実したコンベンション機能と宿泊施設

国際会議場「仙台国際センター」をはじめ、
東北最大規模の展示場「夢メッセみやぎ」など、
開催目的・規模に応じたあらゆるコンベンション施設が整い、
宿泊施設も約25,000人収容と大変充実しています。

仙台国際センターの写真
仙台国際センター

仙台国際センター展示棟がオープン!

2015年4月、仙台国際センター展示棟がオープンしました。広さ3,000㎡、天井高約9mの展示室は可動間仕切りで分割可能。また200㎡の4つの会議室を備えています。仙台国際センター会議棟と渡り廊下で直結し、一体的に利用できます。展示棟の完成で、より大規模なコンベンションや展示会の開催が可能となりました。

仙台国際センター 新展示施設の写真
仙台国際センター展示棟

各都市からの好アクセス

各コンベンション開催にあたって、
交通のアクセスは重要なポイントです。
仙台は東北新幹線で、東京からわずか
1時間31分という便利さに加え、
航空でも日本各地8都市との定期便を持つ等、大変便利です。
また国際線7路線の定期便が就航しており、東アジアもより身近です。

東京駅から新幹線利用で最短1時間31分
アクセス図

世界的視野で臨む学術研究都市

仙台は、「杜の都」としてはもちろん、「学都」として名高い街です。
学術研究機能の中枢として、様々な分野で数多くの実績があり、
常に各界から高い注目を集めています。
なかでも東北大学は幅広い研究で世界的にも評価は高く、
年間を通して多くの学術会議が開催されています。

東北大学の外観写真
東北大学

快適で機能的な都市環境

都市の中にも緑があふれ、その豊かな都市環境の中でのコンベンション開催は参加者にも好評です。
仙台市では機能性とアメニティに富んだ
街づくりを推進しています。

地下鉄東西線 国際センター駅イメージ写真
地下鉄東西線 国際センター駅イメージ