新着情報詳細

ご紹介:海外からのコンベンション参加者の声 Vol. 2

2017年08月30日

 

64日~9日に仙台国際センターで開催された第6回光誘起相転移国際会議に際しまして、アメリカ・デトロイトから来仙されたルアン教授に仙台の印象を伺いました。

京都・大阪に次いで3度目の来日となるルアン教授は、仙台国際センター周りの緑の多さや中心部からのアクセスの良さ、夜に出歩ける安全な街などと仙台を評価してくださいました。また「(規模も大き過ぎず)活気があり、若い人が多いのが良いですね!来仙する人にはぜひ中心部でグルメを堪能してほしい。沢山あって食べる所に困らないですからね。」と嬉しいご感想をお話しくださいました。

profchongyuruan

                                                                                                                            

Professor Chong-Yu Ruan (チョンユー・ルアン教授)

第6回光誘起相転移国際会議共同議長。ミシガン州立大学物理天文学部教授。専門分野は超高速現象、表面・界面科学、ナノ構造とダイナミクス、相転移。