新着情報詳細

ご紹介:海外からのコンベンション参加者の声 Vol. 1

2017年06月19日

511日~13日に仙台国際センターで開催された第7回胆道閉鎖症仙台国際シンポジウムにゲストスピーカーとして参加された教授に仙台の印象を伺いましたので、ご紹介させていただきます。

このたびお話をお伺いしたのは、来仙は20余年ぶりというインドからご参加されていたデヴェンドラ・グプタ氏です。

コンベンションシティ・仙台の印象は、東京から新幹線が頻繁に出ていて関連施設間のアクセスも良く、緑が多くとても環境がよいというものでした。また、「ベジタリアンなので食べ物に関しては気を使っているが、野菜だけでこんなに多くの品目が作れるのか!東洋館では、素晴らしい日本料理を食べられた」と感激して話してくださいました。

タクシー運転手とのコミュニケーションも事前に主催者側が用意した行先が書かれているメモを見せることによりスムーズに出来たとの事です。

グプタ氏4

グプタ氏からは、「仙台は世界でアピールしていくべき!」と心強いお言葉をいただきました。

                                                                                                                                

Professor Devendra K. Gupta(デヴェンドラ グプタ教授)

全インド医科大学小児外科部長。元世界小児外科学会連合会長。世界小児外科学会を含む58会議の主催経験あり。